つらつらつらつらと、適当にぶちかましていくであろうブログです。音楽、本、季節の移り変わりなんかについて語っていけたらなあ、です。


by mammoth_27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最後はMCについて、まとめるというか散らかしたいというか(自爆)、
書いておきたいと思います。


つか、奴等は基本的にしゃべりすぎです。(爆笑)

ネタの宝庫だよな~。

More
[PR]
# by mammoth_27 | 2008-06-20 01:00 | 音楽
痛いままに、感想は続きます。(自滅)

More
[PR]
# by mammoth_27 | 2008-06-16 23:20 | 音楽
2008年6月8日、
東京遠征を早々に切り上げて、
GOING UNDER GROUND TOUR 2008 「目を閉じて君を想う時は」
の松山公演に参戦しておりました。


一言でいうならば、もう最高!!

多分、最高を500回くらい言っても足りないくらいです。(笑)


以下、感想を述べていきます。

まだツアー中というコトで、とりあえず隠しますが、
ネタばれとかいう以前に、イタすぎです、自分。(自爆)


それでもよろしければ、
まったくなんの役にも立たない感想ですが、ちらりとどうぞ。

More
[PR]
# by mammoth_27 | 2008-06-16 00:44 | 音楽
つらっつらと思ったコトを書いていきます。


バックホーンの日本武道館。

実は、ライブ始まって最初は、結構違和感あったんです。(爆死)


だって、1、2階席の客はあまり盛り上がってる風がなかったし。
会場全体の雰囲気が、なーんか様子見っぽかったような気がして。


だけど、3曲目の「幾千光年の孤独」だったかな、
くらいから、徐々に盛り上がり始めて。

「刃」で、こう、会場のボルテージがくっと揚がって、
会場がひとつになったような気がして。


後はもう、盛り上がりっぱなしでした。(笑)


ステージ上で激しく暴れる姿も、
最初はなんかこう、武道館のスケールに合ってないような、
なんか自分たちだけで完結しちゃってるような感じがあったんですが、


いやいや、なんのその。


しっかりとあの空間を自分たちのモノにしてしまいましたよ、あやつらは。(笑)



つまり、結局、言いたいコトとしては、


良いライブでした、というコトなんです。


THE BACK HORNの楽曲の素晴らしさ、
ライブパフォーマンスの素晴らしさを、
改めて感じた一夜のライブでした。



アルバム発表と、全国ツアーも決定したそうなので、
地元にもくるみたいなので、すげえ楽しみです。
[PR]
# by mammoth_27 | 2008-06-11 23:38 | 音楽
2008年6月7日、
THE BACK HORN 「KYO-MEIライブ」 ~裸足の夜明け~
に参戦してまいりました。


ライブレポとか、セットリストとか露ほども無理なので(開き直り)、
つらつらと感想もどきを書いていきます。



開演時間を15分ほど遅れて始まりました。
客電がきえて、会場が真っ暗になって、メンバーが現れて、
そしてステージに松明が!

煌々と燃え盛ってました。


で、始まりました。


中身は、勿論書きません、書けるわけがありません!(開き直り)
だーかーらー、憶えてないんですって、見事に。


ただ、残ってる曲もちゃんとあります。


「世界樹の下で」とか、
会場のボルテージがどんどん揚がってったような気がする「刃」とか、
「幾千光年の孤独」とか、「夢の花」とか、「光の結晶」とか、
「コバルトブルー」とか「美しい名前」とか「初めての呼吸で」とか「カオスダイバー」とか、

だいぶ、嘘吐いちゃってんじゃないかとか。(爆死)


ただ、本編ラストの「キズナソング」withストリングスは凄かったのと、
アンコールでやった「サニー」と、ダブルアンコールでの「冬のミルク」は
間違いないです、これ絶対です。
[PR]
# by mammoth_27 | 2008-06-10 00:00 | 音楽